レインウエアの基礎知識 | カジメイク

kajimaiku-logo-w.png

Comfortable necessary of life 快適な生活必需品

HOMEHOME会社概要会社概要商品情報商品情報採用情報採用情報

レインウエアの基礎知識

レインウェアに求められる機能

下記の、3要素がレインウエアに必要とされる機能です。

  • 防水性・・・水を染み透さないこと。
  • 撥水性・・・水を生地表面で弾かすこと。
  • 透湿性・・・汗など水蒸気を通すこと。

━━━防水性能

  • 生地(織物)の裏面を防水剤で隙間無く覆うことで雨(水)の浸透を防ぐ。
  • 水の浸透を防ぐ上では完全だが、水滴が生地に張り付いて水切れが良くない。
  • また、通気性が無くなるので衣服などでは内側が蒸れる。
  • レインウエアの防水素材の構造は、表面素材に防水素材(防水剤)を
  • ラミネート(コーティング)するのが主流である。
  • さらに縫い目の裏にシームテープ(防水テープ)を貼り、水の浸入を防ぐ。
  • (ウエルダー商品には一部を除き不要)

耐水圧試験機 耐水圧試験機 ━━━耐水圧

  • 耐水圧の測り方はJISで決められている。
  • 実際の装置は複雑だが、原理的には左図のように素材に水の柱を立て、裏側に3滴染み出してきたときの水の高さで表される。
  • 【試験方法 JIS L 1092 B法(高水圧法)】
  • レインウエアの防水力を示す際に使われる。
  • 水圧の目安は体重75Kgの人が座るとおよそ2,000mmの圧力が生地にかかる。また、ひざまずいているときには、なんと11,000mmもの圧力がかかる。

撥水性能イメージ撥水性能イメージ━━━撥水性能

  • 撥水剤(シリコン樹脂、フッ素樹脂)で繊維の一本一本を包み込み疎水性にすることで、表面に付着した水滴が玉状になってはじく性質を持たせる。織り目の隙間が残る為、通気性はよい。
  • しかし、使用しているうちに効果が落ちてしまうので、防水スプレーで復元することが長持ちさせるコツです。

レインウエア着用時の運動による、機能性及び衣服内環境変化を測定。 レインウエア着用時の運動による、機能性及び衣服内環境変化を測定。 ━━━透湿性能

  • 体中を防水素材で覆えば、内側からの汗で体が濡れてしまう。
  • そこで、雨を防ぎ、体から出る汗や水蒸気を外に逃がす素材性能のこと。
  • 透湿性能の表現は、素材1平方メートルあたり24時間に何gの水分を透過したかを表す。
  • 発汗量の目安は、大人一人が安静にしている時に一時間あたりに放出する 発汗量は50g、軽い運動で500g、ランニングなど激しい運動をはじめると 1,000gにもなります。

worrker-bee-logo.gif

楽天市場に当社オンラインショップ
「WORKER BEE」をオープン致しております。多数のご来店お待ちしております!!

楽天ショップはこちらからLinkIcon